Vビーム(パルス色素レーザー)

Vビームとは

Vビームとは

Vビームはパルス色素レーザーといわれるレーザーで、皮膚の赤みに反応し改善させることのできるレーザーです。皮膚の赤みは、過剰に増えてしまった血管が原因です。Vビームは、血液中を流れている赤血球の酸化ヘモグロビンという物質に反応し、過剰に増えてしまった血管を破壊し赤みを改善することができます。当院は保険承認機器のVビームIIという器械を使用していて、健康保険適応の病気であれば健康保険を使って治療することができます。Vビームは、595nmという波長を使っており、血管への反応性もよく皮膚の深くまで到達する特徴をもっています。
また、血管そのものに対してだけではなく、血管の周りにも熱が加わることでコラーゲンの産生が促されるため、お肌の若返り(肌のハリ、小じわ、毛穴の引き締め)にも効果があります。

当院ではVビームの治療を受診当日に行っています。
時間予約も可能ですし、通常診察のあとでも治療を行えます。

Vビームとは

Vビームのレーザー光が血管中の赤血球に吸収され熱を発生し、拡張し増えた血管を壊します。

Vビームの特徴

Vビームは他のレーザーと違い設定をかなり自由に変えることができます。
大きく3つの設定があり
①出力(J/cm2)
②パルス幅(msec ミリ秒)
③スポット径(mm)
になります。

出力はレーザーの強さで、強ければ強いほど血管を壊す力が強くなります。 しかし、強すぎると血管だけでなく、 周りの皮膚も焼いてしまうため注意が必要です。 また治療後に内出血も出やすくなります。ですので効果が高く、 周りの皮膚を傷つけない出力で治療することが必要です。
パルス幅というのは、レーザーの一発の長さです。 Vビームはパルス幅を0.45, 1.5, 3, 6, 10, 20, 30, 40msecと 8段階で調節できます。 毛細血管拡張症など太めの血管を治療する時は、 20~40msという長めのパルス幅で治療し、 単純性血管腫などのぼんやり赤いものは 0.45~3msと短めのパルス幅で治療します。
スポット径はレーザーの当たる範囲の円の直径です。 顔全体など広い範囲をむらなく治療する場合は広めのスポット径、 さくらんぼ血管腫(老人性血管腫)やニキビ跡の赤みなど 小さめの病変を治療する場合は5mm程度で小さめのスポット径を使って ピンポイントに治療します。

ファラド式Vビームの特徴

Vビームは照射設定をかなり細かく調節できるために扱いの難しいレーザーになります。当院では、東大病院皮膚科レーザー専門外来で多数の患者を治療し、レーザー医学会専門医である院長がレーザー治療を行っております。国内外の最新の知見を取り入れ治療しています。特にVビームは狙う血管の太さによって細かく出力を調節することが必要です。当院では、ダーモスコピーという特殊な拡大鏡にて血管の深さ、太さ、炎症の有無を確認し、それをもとにVビーム治療を行っております。またダーモスコピーはレーザーの反応がうまく起こっているかも確認することができるためとても有用な評価方法にもなります。
他院でVビームレーザー治療したが良くならないと来院される方も多くいらっしゃいます。肌の炎症が強い時はVビームが向かないこともあり、炎症を塗り薬で抑えてからVビームを行うことで効果を実感できる方もいらっしゃいます。例えば酒さ・赤ら顔では、イベルメクチンクリームを使用しながらVビームを行うと効果が高いことが論文で報告されています。
またVビームの特徴として、Vビームで血管を破壊すると皮膚の反応として血管新生といって血管が新しく作られてしまいことがあります。血管を壊したのにまた少し血管が戻ってしまうのです。この現象を念頭にいれてVビームレーザー治療は行う必要があります。

Vビームで治療できる症状

Vビームは皮膚に赤みを起こす症状を広く治療できます。
保険適応と保険適応外の症状があります。

保険適応

  • 血管腫(赤あざ)単純性血管腫、乳児血管腫(いちご状血管腫)
  • 毛細血管拡張症(赤ら顔)

保険適応外

  • 赤ニキビ、赤いニキビ跡
  • 赤いホクロ(さくらんぼ血管腫)
  • 肌の若返り(小じわ、しみ、くすみ、レーザーフェイシャル)
  • 赤色瘢痕、ケロイドの赤み

保険適応となるのは、
単純性血管腫、乳児血管腫(いちご状血管腫)、毛細血管拡張症
となります。

単純性血管腫や乳児血管腫など赤あざ治療で5回以上治療が必要になります。お子さんは皮膚が薄く、レーザーの反応がよくなります。毛細血管拡張症は頬では早い方は1回の治療で目立たなくなりますが、小鼻横は3~5回ほど回数がかかることがあります。継続して治療を行うことで効果を出していきます。保険適応の場合、レーザー治療は3ヶ月あけて治療可能です。自費治療の場合は2週間から1ヶ月ごとを目安に治療可能です。
酒さなど炎症があり、ぼわっとしている頬の赤みもVビームで治療が可能です。また、赤ニキビが治った後のニキビ赤み跡にも効果があります。年齢を経て、少しずつ体に増えてしまう赤いホクロ (さくらんぼ血管腫・老人性血管腫)もVビームを1、2回行うと消えることが多くなります。また皮膚のコラーゲン産生を高めるようなレーザーの当て方もでき、 小じわや肌質改善に効果があります。治療は間隔を1ヶ月間あければ照射ができます。

症例1 【40歳代女性】酒さ・赤ら顔

いろいろな皮膚科を受診され、ロゼックスゲルやアゼライン酸、ミノマイシン内服をされるも改善なく、当院を受診されました。当院で、肌の状態を分析し、炎症と毛細血管拡張が両方強いと判断しイベルメクチンクリームの塗り薬とVビームレーザー治療4回とポテンツァ 赤ら顔(全顔)を1回行いました。赤みがかなり改善しています。

費用 イベルメクチンクリーム 30g 4,400円(税込)、Vビームレーザー全顔 32,780円(自費の場合・税込)、ポテンツァ 赤ら顔 全顔55,000円税込)(本症例では、総額190,520円(税込))

【副作用・リスク】腫れ・内出血・痛みなど

Vビーム症例1

症例2 【20歳代女性】小鼻横の毛細血管拡張(2回実施)

小鼻横の毛細血管拡張に対して2回Vビーム照射を行いました。
筋状の血管が目立たなくなっています。

費用 約6,500円~32,000円 保険診療3割負担の場合(照射面積で変わります。本施術では総額13,000円(税込))

【副作用・リスク】腫れ・内出血など

Vビーム症例2

症例3 【30歳代女性】左こめかみのニキビ跡の赤み(3回実施)

ニキビ跡の赤みに対して3回Vビーム照射を行いました。1回で少し赤みがとれ、3回後に赤みがかなり目立たなくなっています。

費用 ニキビ跡に対するVビームレーザー狭い範囲 10,780円(税込)(本施術では総額32,340円(税込))

【副作用・リスク】腫れ・内出血など

Vビーム症例3

症例4 【8歳男児】鼻の毛細血管拡張症(くも状血管腫)

鼻の毛細血管拡張に対してVビーム照射を行いました。
筋状の血管が目立たなくなっています。

費用 約6,500円~32,000円 保険診療3割負担の場合(照射面積で変わります。本施術では総額約6,500円(税込))

【副作用・リスク】腫れ・内出血など

Vビーム症例4

症例5 【30歳代女性】背中の毛細血管拡張

背中の毛細血管拡張に対してVビーム照射を行いました。
筋状の血管が目立たなくなっています。

費用 約6,500円~32,000円 保険診療3割負担の場合(照射面積で変わります。本施術では総額約9,500円(税込))

【副作用・リスク】腫れ・内出血など

Vビーム症例5

症例6 【30歳代女性】手のさくらんぼ血管腫

手のさくらんぼ血管腫に対してVビーム治療を行いました。
施術後1ヶ月後で血管腫がなくなっています。

費用 1つ 4,400円(税込)(本施術では2つ・総額8,800円(税込))

【副作用・リスク】腫れ・内出血など

Vビーム症例6

症例7 【30歳代男性】お腹のさくらんぼ血管腫

お腹のさくらんぼ血管腫に対してVビーム治療を行いました。
施術後1ヶ月後で少し色素沈着がでていますが、血管腫がなくなっています。

費用 1つ 4,400円(税込)(本施術では2つ・総額8,800円(税込))

【副作用・リスク】腫れ・内出血など

Vビーム症例7

Vビームの注意点

  • 単純性血管腫や毛細血管拡張症ではレーザーを効かせるため、 強めに照射することがあります。 その場合、内出血やむくみ、腫れ、色素沈着がでることがあります。 強い内出血は2週間ほど、強いむくみは1週間ほど続くことがあります。内出血やむくみが気になる方は、より出にくい設定で治療することも可能ですのでお気軽にご相談ください。
  • 頬の赤み改善や、肌質改善の治療の際は、 内出血や腫れを少なくなるような照射方法になりますので 当日赤みが出る程度になります。ダウンタイムがご不安な方も受けられやすい治療になります。
  • 痛みは輪ゴムでバチン、バチンと弾かれるような程度です。 Vビームにはレーザー照射直前に冷却剤(-26℃)を吹きつけるシステムがついており、皮膚を保護し痛みを和らげる効果があります。
  • 日焼けを強くされている場合、Vビームレーザー治療が難しいこともありますので、日々の日焼け対策をお願い致します。また、湿疹など皮膚に強い炎症が起こっている場合はレーザー治療が向かないことがあります。妊娠されている方も治療をおすすめしていません。

小さいお子様のレーザー治療

単純性血管腫や乳児血管腫などの赤アザで治療を迷われている方も多いと思います。血管腫は、異所性蒙古斑や太田母斑などの青アザと同様、年齢が低いほどレーザーの効果が高いため早い時期からのレーザー治療をおすすめしています。年齢が低いほどレーザー効果が高いのには理由があり、肌が薄いため深くまでレーザーが届くこと、成長すると肌がのびて血管腫が大きくなってしまうため早い時期の方が狭い範囲ですむこと、幼稚園や保育園が始まると日焼けしやすくなるために日焼け対策がしやすい乳児期の方が副作用が出にくいこと、3歳以上になってしまうと場合によってはレーザー治療に全身麻酔が必要になってしまうことが挙げられます。
当院では生後1ヶ月前のお子さんから近隣小児科よりご紹介を頂きレーザー治療を開始しております。お子さんのことでご不安なことも多いとも思いますが、お気軽にご相談ください。

当院での治療の流れ

治療の流れ

① 診察にてレーザー治療が適しているか判断いたします

② メイクをされている場合は洗顔をします (メイク落としは準備してあります)

③ ご希望時麻酔クリームを塗布します(約15分) 麻酔を使用されない場合は冷やしながら照射していきます

④ 麻酔の効果が出た頃に照射をします(約5〜10分)

⑤ 炎症を抑えるお薬を塗って終了です

注意事項

  • 洗顔、日焼け止め、保湿、化粧など含めて日常生活に制限はありません。
  • 当日からお化粧可能です。
  • 治療前後は日焼け止めを塗るなどして紫外線予防をしてください。

料金

保険診療の場合 6,500円~32,000円 (照射面積で変わります)
自費診療の場合 全顔 32,780円
両頬の赤み
(赤ら顔、ニキビの赤み)
21,780円
鼻の赤み 10,780円
傷跡の赤み 1箇所 10,780円
老人性血管腫
(さくらんぼ血管腫・赤いほくろ)
1箇所 4,400円
  • Vビーム治療をご希望の方は、web受付から施術の時間予約をお取りいただけます。
  • 保険適応の赤あざ、毛細血管拡張のレーザー照射をご希望の方で診察がお済みで無い方は時間予約ではなくまずは診察をお受けください。
  • 料金は税込みです。

まとめ

当院では、単純性血管腫や毛細血管拡張症、赤ら顔などいろいろな皮膚の赤みの症状にVビーム治療を行っています。
腫れ、内出血などダウンタイムの程度と症状に合わせた設定でレーザー治療しております。
皮膚の赤みは、経験豊富な皮膚科学会専門医・レーザー医学会専門医のいる当院にお気軽にご相談ください。
受診当日、予約無しでの治療が可能です。

アクセスガイドAccess

  • 〒110-0005
    東京都台東区上野3丁目27-1 十仁タワー 7階
    • 電車をご利用の方
    • JR「御徒町駅」南口徒歩10秒
    • 東京メトロ銀座線「上野広小路駅」A1出口徒歩1分
    • 都営大江戸線「上野御徒町駅」A1出口徒歩1分
    • 東京メトロ日比谷線「仲御徒町駅」A6出口徒歩1分
    • 東京メトロ千代田線「湯島駅」出口6徒歩6分
    • 京成本線「京成上野駅」東京メトロ線連絡通路を通り
      A1出口徒歩1分
    • お車をご利用の方
    • 専用駐車場はございませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。

© 上野御徒町ファラド皮膚科